株式会社ヘチマコロン
ヘチマコロンのサイトは最新版のFlash Playerが必要です。
大正4年(1915) ヘチマコロン誕生。ついで、ヘチマクリームや頭髪香水ヘチマベラーム(ヘアトニック)を販売。
大正12年(1923) この頃より広告活動が活発になる。作品「1」
昭和2年(1927) この頃より男性にも売り込む広告を始める。作品「1」 作品「2」
昭和5年4月
(1930)
「日本のファンに好かれる歐米キネマ女優は誰か」作品「1」 作品「2」
と銘打ったキャンペーンを実施。
(昭和5年4月2日 東京朝日新聞。当選発表は5月21日)
昭和5年8月
(1930)
竹久夢二、唄並びに絵による新聞広告を実施。作品「1」
(昭和5年8月3日東京朝日新聞)
昭和5年10月
(1930)  
ハリウッド女優を“巧み”に広告に活用する。作品「1」 作品「2」
(主婦の友 昭和5年10月号、婦人サロン昭和7年9〜11月号)
昭和6年6月
(1931)
日本初のトーキーPR映画「ヘチマは踊る」(帝キネ・全2巻・浅草常盤座にて上映)を制作。
なお他社のトーキーPR映画として、昭和8年、エビスビール
『ほろよい人生』、
明治製菓『純情の都』(PCLトーキー映画)がある。
昭和6年10月
(1931)
“美人となる秘訣座談会”を開催。作品「1」 作品「2」
(主婦の友 昭和6年10月号)
昭和7年3月
(1932)
婦人公論に、短編小説による広告『愛戀の花』を掲載。作品「1」 作品「2」 作品「3」
(婦人公論 昭和7年3月号)
昭和8年4月
(1933)
主婦の友において広告に関する感想募集。作品「1」 作品「2」 作品「3」
(主婦の友 昭和8年4月号)
この頃、主婦の友の表4に河野鷹思の絵による広告を展開。作品「1」 作品「2」
昭和8年5月
(1933)
女性雑誌において「片岡知恵蔵相手役女優募集」のキャンペ ーン
を展開。作品「1」
(主婦の友 昭和8年5月号など)
昭和8年7月
(1933)
片岡知恵蔵相手役女優・第1回予選発表。作品「1」
(婦人公論 昭和8年7月号など)
昭和9年頃
(1934)
松竹少女歌劇団を後援する。作品「1」 作品「2」
(昭和9年11月25日、東京朝日新聞)
昭和10年5月
(1935)
エフレム・ヂムバリスト独奏会を後援。作品「1」
(昭和10年5月5日東京朝日新聞)
また、この頃より、山六郎デザインによる広告を展開。 作品「1」 作品「2」
昭和10年6月
(1935)
SSKのオリエ津阪を後援。作品「1」
以後、オリエ津阪、ヘチマコロンの専属女優としても活躍。
昭和12年頃
(1937) 
この頃より映画女優を多数広告に起用。作品「1」 作品「2」
昭和28年3月
(1953)
ヘチマコロン本舗 株式会社・近源商店を解散し、
「株式会社ヘチマコロン」を創立。
昭和31年頃
(1956)
女性雑誌各誌に『ヘチマ公論』をシリーズ広告として展開。
(昭和31年6月・7月号主婦の友など)
昭和60年代〜 再び広告活動を積極的に行うようになる。
数々の広告賞を受賞。アドギャラリーをご覧ください。
アド・ギャラリー

▲ページのTOPへ