株式会社ヘチマコロン
ヘチマコロンのサイトは最新版のFlash Playerが必要です。

ヘチマコロン物語

ヘチマコロンの春が来た。

ヘチマコロン物語第17話イメージ 新入学、新社会人、新生活…春は気分がルンルンする、新しいことが始まる季節です。青春(青い春)、朱夏(赤い夏)、白秋(白い秋)、玄冬(黒い冬)とは、人生の流れを季節と色で表す中国の5行説がルーツです。季節は春から始まります。人生は青春から始まります。春は心ウキウキ、青春は天下無敵。でも、ちょっと待って。実は、春は若い元気な肌にとっても要注意の季節なのです。環境の変化によるストレスで、ホルモンバランスが乱れ、お肌のトラブルが生じやすくなっています。また春先の空気は乾燥している上、冬の間にお肌の新陳代謝も低下しているので、紫外線やほこり、花粉などの肌の負担となる刺激にはなおさら注意が必要です。たっぷりの睡眠とたっぷりのヘチマコロンで、そんな大敵に負けないキレイ肌をキープしましょう。若い元気な肌には、シンプルケアが一番。お母さんも、お母さんのお母さんも、そんな青春だった、かもしれませんよ。
 ところで、この春は例年になく、ヘチマコロンが注目されているようです。昨年のヒット商品番付では、先行きの不安から消費者は価格に敏感になり、「安くていいもの」が番付の上位を占めましたが、その傾向は、今年に入りますます強くなっているようです。
 そして春といえば、花粉とヘチマコロンのこと。はっきり言って根拠は曖昧です。あるいは民間伝承の一つかもしれません。しかし、かつてTVで紹介され、また色々な方がブログで書いているので、だまされたと思って、試してみるのもいいかも知れません。洗顔後、ヘチマコロンを目、鼻、口の周りに塗る。その後、どくだみの葉をもんで香りをかぐ、あるいはどくだみ茶の湯気を吸引する、というもの。これを一日数回、何日か続けると、ぴたり…というのですが。春は、なにかと、ヘチマコロンです。

ヘチマコロン物語

ヘチマコロン物語 バックナンバー

▲ページのTOPへ